法事三昧が終わりました ―ヤキバノカエリ(3)―
b0029488_18491082.jpg


巡ってきた祖父(前前住職)の50回忌と父(前住職)の3回忌。

何かしら思い入れがあり、それは簡略化を美徳とするような風潮への抵抗でもあり、旧来のちょっと面倒臭い人間関係や村づきあいが希薄化してゆくことへの哀愁でもあり、この法縁、とことん法事を勤めようと思いました。

結果、この3月から9月までに、計5回の法事。家族と、遠い親戚と、近い親戚と、ご門徒の方々と、村の方々と。

何度にも分けて、できるだけ多くの方々と、法事を楽しみました。

仏事ではありますが、娑婆の縁、俗なる衆会でいいとボクは思っています。縁者が集えば、それで十分だと思うのです。

そいう意味では、「呼ばれたのがうれしい。来れたのががうれしい。」と何度もおまいりに来てくれた90近い叔母たち、おとりもちもふくめ、みんなでつとめてくださったご門徒のみなさん、稲刈りの時期、万障繰り合わせておまいりくださった村の方々、繰り返しおつとめ・ご法話をしてくださった法類の方々に、感謝です。


決して強がりではなく、楽しかったのですが、やっぱり疲れました。


ところで、「ヤキバノカエリ」といえば、祖父の葬儀のときの最大の記憶は、火葬場の行き帰りに通った暗くて長い鶯谷トンネルです。




                    Tumblr 『西蔵防だよん』

 
                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
                    【 8年前の今日のblog
                    【 9年前の今日のblog
10年前の今日のblog
by e.wash-r | 2014-09-26 23:47 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
<< 栗かぼちゃきんとん D寺前前坊守さま葬儀 ―ヤキバ... >>