照明器具の取り換え
b0029488_2112259.jpg


少し時間ができたので、庫裏の照明器具を取り換えました。低予算・DIY路線です。

和室3部屋と鞘の間に2部屋を、よく言えば統一感のある提灯型のペンダントに。

それぞれ別々に手に入れたシェード、照明用コンセント、ソケット、LED電球を、組み立てたわけですが、思ったよりずっと手間がかかりました。最後、位置の微調整をして出来上がり。

すべてが揃ったら、美しく部屋に映えると思っていたのですが、特に感動的ということもなく・・・。主張がない、存在感がない、違和感がないということは、機能美なのだと自己満足することにします。


全費用の8割ほどがLED電球代。普及してきたとはいえ、高輝度2000ルーメンのLED電球は、まだまだ高価な買い物でした。

5年くらい、メンテナンスフリーでいけるといいのですが。





                    Tumblr 『西蔵防だよん』

 
                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
                    【 8年前の今日のblog
                    【 9年前の今日のblog
                    【 10年前の今日のblog
by e.wash-r | 2014-10-11 00:11 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(2)
Commented by 空扇 at 2014-10-10 21:58 x
ん〜 寿命は平均なので...確率の問題なのでなんとも...。ベアリングなんぞは90%確率の保証がxx Hrって表示がJIS で義務づけられているけど、なぜか家電は(期待を誘う)曖昧(いい加減とも言う)表示なんですよね。
期待より早めに切れても恨みっこなしということで....
Commented by e.wash-r at 2014-10-10 22:14
恨まないことにします。

本堂の阿弥陀様を照らしていたLEDスポットライトは、24時間点けっぱなしで、10年くらい保ちました。

長持ちもスゴイですが、阿弥陀様を照らすとは、あっぱれ!


空扇さま
<< たかがピン、されどピン 忘却 >>