たかがピン、されどピン
b0029488_22113522.jpg
b0029488_2293233.jpg


お寺の案内等は、レーザー複合機で印刷しています。快適ですが、封筒類の印刷には不向きなので、封筒類の宛名印刷に特化してA3対応のインクジェット印刷機を併用しています。

ところが、インクジェット機は、いつも排紙にトラブルがあるのです。ボクの記憶の限りでは、2年以上、封筒印刷の時は、プリンターに付き添って、数枚ごとに起きる排紙トラブルに対応してきました。こんなに手間をかけて意味があるのだろうかと思いつつ・・・。

ローラーの劣化かと思い、イチかバチかでオロナインを塗ってみましたが変化なし。

破れかぶれで、紙の入っていく隙間に指を入れ、ゴソゴソすると、カラカラと音がします。

10分くらい格闘して、見えない隙間からつまみ出したのは、チェス画鋲とかダルマ画鋲と言われるピン。プリンターの精密な紙送りの機構の中で、たぶん2年以上カラカラと悪さをしていたようです。


プリンターは快適に紙送りをするようになりました。この2年の苦労は何だったんだろうと、少し虚しい気分にもなりますが、快適なのでよしとします。





                    Tumblr 『西蔵防だよん』

 
                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
                    【 8年前の今日のblog
                    【 9年前の今日のblog
                    【 10年前の今日のblog
by e.wash-r | 2014-10-12 00:08 | そらごと、たはごと | Comments(0)
<< おすそ分け 照明器具の取り換え >>