美濃四十八座 超宗寺真宗講座 阿部信機師
b0029488_2136748.jpg
b0029488_21361970.jpg


岐阜別院の布教使研修を終え、その足で超宗寺真宗講座の夜座へ。

布教使研修のご講師であった松月先生をはじめ、松月先生の講義を受けていたご院さん5人+αが、揃ってお聴聞の座についていらっしゃいました。

やっぱり阿弥陀さんなので、やっぱり布教使さんは、
 
西蕃・月氏の聖典、東夏・日域の師釈に、遇いがたくしていま遇ことを得たり
聞きがたくしてすでに聞くことを得たり
真宗の教行証を敬信して、ことに如来の恩徳深きことを知んぬ
ここをもって聞くところを慶び、獲るところを嘆ずるなりと

とおっしゃった親鸞さまと同じ視線の方々です。お聴聞の布教使さん方は、そのままがお荘厳のおすがたであり、ご教化のおすがたでした。と、少しかっこよく書きたくなるような光景でした。


阿部先生は、前回に続いて半分英語のお取次ぎ。英語のよくわからないボクですが、日本語との対比の中で、シンプルに聞かせていただきました。詳説とは逆の方向性として、数少ない身近なことばの伝える力を実感しました。

真宗は臨終のお説教とおっしゃる先生。臨終を臨終と受け止め聞くことができないことに、つくづくどこまでも凡夫と思いつつ、なんとなくお念仏をしたのでした。

お楽しみの夜が続いています。





                    Tumblr 『西蔵防だよん』

 
                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
                    【 8年前の今日のblog
                    【 9年前の今日のblog
                    【 10年前の今日のblog
by e.wash-r | 2014-10-25 04:33 | お聴聞 | Comments(0)
<< 黒野組第4回仏事の基礎講座 「... 布教使研修会 「仏事法話」 松... >>