美濃四十八座 専琳寺真宗講座 米田順昭師
b0029488_8291060.jpg
b0029488_8292526.jpg
b0029488_829421.jpg


31日は「坊主の休日」という認識でいますが、お取越しシーズンがはじまり、法事も重なり、法務を終えて夕方から専琳寺真宗講座へ。

広島からお越しの米田順昭先生のお話を聞きました。

雨男と自称される専琳寺ご住職。からかどうか、法座の始まる頃から雨。その雨を、あいにくの雨と受け取るか恵みの雨と受け取るか、それは受け取る側の状況次第というところから、お話ははじまりました。

おまいり先で、特に意味もなく、なんとなく時候の挨拶をして、気まずい思いをすることがあります。例えば、ご主人が「寒くなりましたね。」とご挨拶された後、奥さんがお茶を持っていらっしゃって、「今日は暖かかったですね。」とおっしゃるというような・・・。

相対の世界で暮らしているボクたちと阿弥陀さまという真のお話。秋の夜長、雨の本堂、ときどき苦笑いを誘われながらのお聴聞でした。


蓮如上人は、「仏法には世間のひまをかきて聞くべし。」と、臨終の身のお聴聞であることを述べておられます。

10月、美濃四十八座は、延べ7日・昼夜14座・28席。9月の中旬以降だと、4日に一度、お座がたちました。専琳寺ご住職が、ご挨拶の中で、”お聴聞疲れ”という新語を使っていらっしゃいましたが、言い得て妙。

遊び疲れて眠るほとけの子ということで。




                    Tumblr 『西蔵防だよん』

 
                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
                    【 8年前の今日のblog
                    【 9年前の今日のblog
                    【 10年前の今日のblog
by e.wash-r | 2014-10-31 23:27 | お聴聞 | Comments(0)
<< 今月のことば  Tumblr雑文集 樅の木と松の木 -高山別院のお... >>