黒野組報恩講 餅・菓子・果物 ―柚子と柿―
b0029488_23413893.jpg
b0029488_022183.jpg


報恩講、永代経法要・彼岸会の果物のお供えは、ほぼ決まってリンゴとオレンジ。段盛りの仏具の大きさの加減で、小ぶりのものをお供えしています。

リンゴとオレンジに不足はありませんが、当寺の境内で実る柚子、ご門徒さんの畑で実る柿等をお供えできたらなあ、と常々思っていました。思ってはいましたが、仏事の時期と収穫の時期が合わず、今までに柚子や柿が段盛のお供えになったことはなかったと思います。

今回、お迎えする組の報恩講は11月29日。柚子は旬。柿は最盛期こそ過ぎましたが、奥手がいい色をしています。

脚立に登って、高枝鋏を伸ばして、いつもの様にアクロバティックに柚子を採りました。小一時間かけて採った60個ほどの柚子から24個を厳選し、お供えしました。

その後、Mさんが「今年最後のです。」と言って柿を持ってきてくださいました。念願の柿と柚子の段盛ができると喜んでいたのですが、あまりの忙しさに、段盛の柚子の一部を柿に入れ替えるのを忘れてしまいました。

柿と柚子の段盛にはなりませんでしたが、地元の柚子と柿をお供えしてつとめた報恩講。ボクの思い入れですが、今回の報恩講でうれしかったことのひとつです。満足。






                    Tumblr 『西蔵防だよん』

 
                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
                    【 8年前の今日のblog
                    【 9年前の今日のblog
                    【 10年前の今日のblog
by e.wash-r | 2014-11-28 23:39 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)
<< 大性寺報恩講2014 黒野組報恩講 餅・菓子・果物 ... >>