火をつける
b0029488_22194362.jpg


最近あまり聞かなくなりましたが、一時期よく「蝋燭や線香は、ライターでつけてもいいのですか?」という質問を受けました。メディアで誰かが「マッチを使うべき・・・」みたいなことを言ったのかもしれません。

正式な見解があるかも知りませんが、ボクは「ライターでいいですよ。」と答えていますし、お寺でも、最初の火は、後ろ堂でライターを使ってつけています。

過日、某店で大きなライターを発見。長持ちするだろうし、見失わないだろうし、火力も強いだろうと思って、後ろ堂用に購入しました。

今まで使っていたライターが消耗したので、大きなライターに替えました。使おうとして唖然。大きなライターの大半は懐中電灯でした。

いわゆる多機能商品。映画などで、暗闇のなかでライターの火を明かりにするようなシーンがありますが、そういう場面では重宝しそうなモノ?ではあります。

懐中電灯のことは忘れて、当初の目的通り単なる大きなライターとして使おうと思います。





                    Tumblr 『西蔵防だよん』


 
                    【 2014年の今日のblog 】 
                    【 2013年の今日のblog
                    【 2012年の今日のblog
                    【 2011年の今日のblog
                    【 2010年の今日のblog
                    【 2009年の今日のblog
                    【 2008年の今日のblog
                    【 2007年の今日のblog
                    【 2006年の今日のblog
                    【 2005年の今日のblog
                    【 2004年の今日のblog
by e.wash-r | 2015-02-03 22:19 | そらごと、たはごと | Comments(0)
<< 立春  ―飢えの季節― 今月のことば 「やれば出来る」 >>