「正蓮寺の歴史を語る会」改め「岩利の歴史を語る会」1(43)
3/7分

b0029488_431390.jpg


当地岩利の八幡宮・天満宮にその縁起を書いた石碑が立つことになりました。

参道に立派な灯籠が整ったこと、当「正蓮寺の歴を語る会」の中で八幡宮創建の歴史が「語られてきた」こと等がキッカケです。

郷土史に詳しく古文書の研究家でもある宮部氏に、村から碑文作成が依頼されました。

「正蓮寺歴史を語る会」主宰でもある宮部氏から、「正蓮寺歴史を語る会」改め「岩利の歴史を語る会」として文言を検討したいという申し出があり、現在碑文精査中です。

当地を治めた岩利城主・塚本小太膳の願いにより、岩利本郷の伊自良川を隔てたふたつの山に、八幡宮・天満宮、そして臨済宗成功院、当浄土真宗正蓮寺が創建されておよそ400年。

その岩利の村のお宮さんの一大事に、当寺が、ボクが混ぜてもらえる、そしてほんの少しですがお役に立てる。嬉しいことです。




                    Tumblr 『西蔵防だよん』


 
                    【 2014年の今日のblog 】 
                    【 2013年の今日のblog
                    【 2012年の今日のblog
                    【 2011年の今日のblog
                    【 2010年の今日のblog
                    【 2009年の今日のblog
                    【 2008年の今日のblog
                    【 2007年の今日のblog
                    【 2006年の今日のblog
                    【 2005年の今日のblog
                    【 2004年の今日のblog
by e.wash-r | 2015-03-07 23:02 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(10)
Commented by 播州 at 2015-03-17 11:06 x
遠祖が顕彰される内容の碑文作成お疲れ様です。遠孫として大変ありがたい限り深謝申し上げます
Commented by e.wash-r at 2015-03-19 01:49
粛々とすすめております。

進捗状況、詳細等、近々別便でお知らせできたらと思っております。

当時の偉業に、あらためてつくづく感謝しております。


播磨さま
Commented by 播州 at 2015-03-19 10:12 x
お彼岸のご多忙の中、今回の顕彰の関係感謝です。

本年は、複数の年忌で円通寺、本徳寺、本願寺、西大谷と
永代経がひかえています
これも名号の因縁かもしれません。

ご住職様
Commented by e.wash-r at 2015-03-20 01:59
4月5日のお祭りの日に、具体的な話合いがされるそうです。

現在までの状況、早々にお知らせできるといいのですが。お彼岸が終わる頃まで、しばらくお待ちいただきたいと思います。

永代経法要のご縁、有り難いことですね。

播州さま


*先般、「播州」と「播磨」を間違えました。失礼しました。
Commented by 播州 at 2015-03-20 10:28 x
4/5 にお祭りですか。播州は秋祭が終われば報恩講があります。今年の春は
は龍野周辺の30か村が輪番で
亀山本徳寺連枝をお迎えして江戸時代より続く「歓喜講」
が30年ぶりの
当村講元になります。行事では読経と説法、御文章
江戸の昔は先祖が講元をしていた
らしいです。田植え前の本願寺派の播州龍野周辺の門徒
の行事です。
このたびもご先祖のお招きでしょうか。
姫路城もリニューアルは目前です。

ご住職様
Commented by e.wash-r at 2015-03-21 02:38
お盆や盂蘭盆会のことを歓喜会といっていますが、「歓喜講」とはどういう法会なのでしょうか。興味津々です。

仏徳讃嘆、お聴聞、伝統の継承、つくづく有り難いことです。


播州さま

Commented by 播州 at 2015-03-25 10:16 x
江戸時代から続く1合米佛飯お供えし、頼母子講や当時の本願寺直下門跡寺院を支える
亀山本徳寺中本山を歓喜講含め
本末関係・檀家制度とは別の法流と時代から相続された念仏信仰があります。
同様に全国各所地縁によって出来た寄り合いとしての念仏講があります。現在でも残存する歓喜講をはじめ二十五ほどの講がかって存在し、本徳寺護持の潜在的な母体であったように考えられます。これらの自律的な講の活動や、新しい宗門組織としての本末・檀家制度下で、本徳寺の世話役が播州各所に選出され、懇志米を集める一合講が組織され本徳寺の行事会計がまかわれているものでした。ときにはこの米が頼母子講の相互扶助の役割をはたしていたそうです

ご住職様
Commented by e.wash-r at 2015-03-30 15:10
「講」は真宗のアイデンティティだと思っています。

時代の流れは、必ずしも「講」の繁盛にはなっていませんが、復権したいですね。

「美濃四十八座」は、古くて新しい「講」をイメージして繋がっています。

播州と濃州、離れていますが、なんか有難いですね。


播州さま
Commented by 播州 at 2015-03-31 15:41 x
美濃48座とは、48カ寺をさすのでしょうか?
講よりも、お説法聴聞しやすいと私は感じました
Commented by e.wash-r at 2015-04-04 00:10
美濃四十八座は、現在17カ寺で共催するお座の集合体の呼び名です。(共催と言っても、各お座は開催寺院の自主自立です。)

平成26年は、年間29日、58座がたちました。
<< 『どう思う?』 お雛さま落下事件 >>