同級生
b0029488_011987.jpg


朝と晩、それぞれ逼迫した状況を抱えたお客さま。

ひとりは中学の同級生の旦那さん。もうひとりは高校の同級生のお父さん。

おふたりとも「もしものときはお葬式をおねがいしたい・・・」と。


世間から「葬式仏教」と批判されたら、「そうです。」としか答えようがありません。
坊さんからは「寺檀制度を壊す気か」とも言われそうです。
かと言って、宗門が言うように、苦しみや悲しみに「寄り添う」こともできないと思います。


ボクも含め、みんなギリギリのところで生きているわけです。
ギリギリのところで出遇うことだってあるわけです。


すでにとどけられたお慈悲、だから、そういうことでいいと思うわけです。

慢心ですかね。





                    Tumblr 『西蔵防だよん』


 
                    【 2014年の今日のblog 】 
                    【 2013年の今日のblog
                    【 2012年の今日のblog
                    【 2011年の今日のblog
                    【 2010年の今日のblog
                    【 2009年の今日のblog
                    【 2008年の今日のblog
                    【 2007年の今日のblog
                    【 2006年の今日のblog
                    【 2005年の今日のblog
                    【 2004年の今日のblog
by e.wash-r | 2015-03-26 23:10 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
<< 岩利の歴史を語る会 3(45) 春が来た -山にも里にも野にも- >>