C寺永代経法要のお取り次ぎ
b0029488_13554140.jpg


C寺永代経法要、二座四席のお取次ぎ。

C寺さんでは、総代さんが、いつも丁寧な法座のご案内をしてくださいます。そして、お座が終わると、こんどは丁寧なご挨拶。

その総代さんと少し歓談。

総代さんは、「お寺は村の大切なものです。みんなお寺を大事にしています。村の文化・風土です。」とおっしゃいました。

その通りの雰囲気だと思いました。伝統として、日常として、おみのりを大切にされいるご門徒さん方の雰囲気がひしひしと伝わってくるお座でした。

そのお座を準備されたご住職も、決して満足せず、もっともっとおみのりをと奔走されっぱなし。



実は、この日3/28は岐阜テレマーク倶楽部石徹白ツアーの日。達人7人のバックカントリーテレマークスキーツアー。自信はありませんが、山も人も魅力的で、できることならついて行きたいという思いで、心はザワザワしていました。

でもね。お座を終えて、なんとなく心地いいわけです。仏縁だったなあと思えるわけです。お座ってそういうものなんでしょうね。

でもね。やっぱり山にも行きたいわけで・・・。





                    Tumblr 『西蔵防だよん』


 
                    【 2014年の今日のblog 】 
                    【 2013年の今日のblog
                    【 2012年の今日のblog
                    【 2011年の今日のblog
                    【 2010年の今日のblog
                    【 2009年の今日のblog
                    【 2008年の今日のblog
                    【 2007年の今日のblog
                    【 2006年の今日のblog
                    【 2005年の今日のblog
                    【 2004年の今日のblog
by e.wash-r | 2015-03-28 23:54 | おまいりにて | Comments(0)
<< マッサン 岩利の歴史を語る会 3(45) >>