「なもあみだぶつ」とこどものお念仏が聞こえてきました
b0029488_1231319.jpg
b0029488_1233139.jpg


土曜日の夕刻、珍しく事務室で仕事をしていると、境内で複数の人の気配。

その直後、「なもあみだぶつ」「なもあみだぶつ」「なもあみだぶつ」とおおきなお念仏が聞こえてきました。続いて玄関で「ごえんさーん、もうおまいりしたよー。」という元気な声。

村の女の子たち三人が遊びに来ました。たぶん、手持ち無沙汰になって・・・。

理由はどうでもいいのです。来てくれることがうれしいのです。

ボクにできることは、まず何よりお駄賃の準備。夜の壮年会例会のために準備してあったお菓子を3袋こどもたちに。

本堂や境内を走り回ったこどもたちは、嵐というよりは旋風のようにさあーっと去って行きました。

住職冥利に尽きる出来事。


夏のお泊り会のとき、裏山で肝試しをしたことがあります。こどもたちは、腕を組んで「なもあみだぶつ」「なもあみだぶつ」と大きな声を出してお墓を通り抜けて行きました。

大きな声の「なもあみだぶつ」は、意外と調子のいい響きみたいです。





                    Tumblr 『西蔵防だよん』


 
                    【 2014年の今日のblog 】 
                    【 2013年の今日のblog
                    【 2012年の今日のblog
                    【 2011年の今日のblog
                    【 2010年の今日のblog
                    【 2009年の今日のblog
                    【 2008年の今日のblog
                    【 2007年の今日のblog
                    【 2006年の今日のblog
                    【 2005年の今日のblog
                    【 2004年の今日のblog
by e.wash-r | 2015-05-16 23:20 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
<< お斎をふるまうという習慣 「ありがとう」  -母の日- >>