美濃四十八座 正尊寺真宗講座 田中誠証師
b0029488_05357100.jpg
田中誠証師
b0029488_0541339.jpg
満堂
b0029488_0543587.jpg
よろこび
b0029488_0551457.jpg
ご住職のプレゼンテーション
b0029488_0545890.jpg
梅雨の雨間
b0029488_0553165.jpg
ピカピカ

出入りを繰り返しながら、正尊寺真宗講座、昼座夜座のお聴聞。ご講師は、大分の田中誠証師。

少し遅刻して本堂に座ると、西田哲学のお話の真っ最中。「逆対応」「絶対矛盾の自己同一」という哲学用語や「機法一体」という安心論題が黒板に書かれていました。

自身の当惑はさておき、いらぬお世話ながら、お同行の方々の顔色を伺ってしまいました。正直なところ、皆さん必死のご様子。

が、時間が経つに連れ、先生の甲高い勢いのある語り口に引き込まれ、一見難しそうな感じをうけたお話が、他力、約仏のお話として、心地よく聞こえてきました。西田哲学は、他力のご法義、親鸞聖人がよろこばれた境地そのもの、と思えるほど。

約仏に徹したお話は、ありがたいです。

夜座、京都で勉学中の学生さんが何人もお聴聞。またまたいらぬお世話ながら、若い感性には、どうどどいたのだろうか、と興味津々です。

10時までどっぷりほとけさまのお話に浸かりました。最高の贅沢。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog

by e.wash-r | 2015-06-19 23:36 | お聴聞 | Comments(0)
<< 閉所恐怖症のような暑さ 「伊自良川の自然」という授業 >>