美濃四十八座 超宗寺真宗講座 天岸浄圓師
b0029488_1610640.jpg
b0029488_1610244.jpg


超宗寺真宗講座。昼座一座二席のお聴聞。ご講師は大阪の天岸浄圜先生です。

12時頃、台風18号が岐阜市を通過しました。その2時間後、超宗寺さんの法座ははじまりました。

直撃の割に、風も雨も強くありませんでしたが、警報が出ていたので、小中学校は休み。超宗寺さんの幼稚園も休園でした。

昼座は、台風なので会社を休んで雨にも風にも負けず駆けつけられた方、休校でヒマな小中学生、休園の幼稚園の先生方等々が加わって超満堂。

台風一過の本堂で、ウイットの効いたやわらかくも厳しくもあるお説教をゆっくりお聴聞しました。

正信偈のご文を引かれながら、「本願」と「成仏」のお話し。うなづきながら食い入るように聞かれるお同行の方々といっしょに、ほとけさまのお慈悲のお聴聞です。

夜座のお聴聞ができなかったのが残念。法務も大切なので、そういうことです。



by e.wash-r | 2015-09-09 23:08 | お聴聞 | Comments(0)
<< 「そりゃあ、お坊さんやもん。」 成先生の安心論題講義 2日目 >>