美濃四十八座 妙徳寺真宗講座 加藤信行師
b0029488_0313386.jpg
b0029488_0314430.jpg


妙徳寺真宗講座夜座のお聴聞。

同じくお聴聞に来ていたF師が、「寂しいです。哀愁です。」と嘆く通り、外は、きれいな星、涼しい風、虫の声等々、もうすっかり夏のカケラもない秋。堂内は、相変わらず、皆さん楽しそうです。

お念仏の練習にはじまり、お見舞いの仕方の実習にまで及ぶ加藤先生の他力のお話し。これでもかというくらい、他力のお話し。

棒高飛びの記録が延びた理由、車いすの方々のパン食い競走の逸話、等々。お慈悲のはたらきと救いの目当ての私たちのあり様を存分に聞かせていただきました。

つくづく他力のお取り次ぎのありがたさ、お聴聞のお楽しみ。


とは言え、実は、今日は、お休みをもらって山へ行く計画を立てていました。ただ、昨夜の時点で、天気が悪そうだったので山行きは断念。計画を変更し、Yさんを誘って、開館したばかりの『熊谷守一つけち記念館』へ。

夜座のみののお聴聞となった次第です。そんなわけで丸一日遊んだ秋の日。明日からは世に言うところのシルバーウイーク、5連休。しっかりおつとめさせていただきます。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog

by e.wash-r | 2015-09-18 23:20 | お聴聞 | Comments(0)
<< 蜂の季節 ネイビーブレザー >>