蜂の季節
b0029488_15491344.jpg

b0029488_1550447.jpg


相次いで、知り合いのご院さんからの便り。

いずれも、

・境内に蜂が巣を作りました
・巣を取りました
・蜂の子食べます

という内容。

具体的には、

スズメバチの巣を掘ったS師からのmail
『・・・その場で数匹食べました。スイカみたいとか、ミルキーみたいとか、もう無理とか。あとは佃煮にしてゆっくり・・・』

本堂前の蜂の巣を退治したY師のコメント
『(退治)しました。今日のおやつです。』


この状況、実況報告はいいけど、僧侶としていかがなものかと。

退治しただけじゃなく、食べちゃったんですよね。というか、食べるために、退治したんですよね。

そんな欲望のままの生き方でいいんですかね!
命の尊厳をどう心得ているんでしょうね!

そんな野暮なことはいいません。
しかし、どう考えても僧侶として間違っている・・・。

そんなに美味しいなら、ボクだって食べたいんだから、写真だけというのは・・・

せめて、女王蜂を、当寺の境内にそっと放しておくとか、そういう心遣いは、僧侶の心得として、本願寺で教えてもらったはずだと思うのですが。


*mail、FBの写真、テキスト転載失礼。



                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog

by e.wash-r | 2015-09-19 19:13 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)
<< 秋空高く  -方県小学校の運動会- 美濃四十八座 妙徳寺真宗講座 ... >>