彼岸の入り 
b0029488_21361558.jpg


雨が多く、境内の掃除、お墓の掃除等をする時間と法務の空き時間が全く折り合わず、滞っていたお彼岸の準備。

18日は空き時間が十分あったのですが、終日遊んでしまったので、結局、お彼岸の境内が整ったのは20日、お彼岸の入りの夜。

早朝2時間境内清掃して、シャワーを浴びて法事等。帰宅後、お墓掃除を2時間してシャワーを浴びておじょうはん。帰宅して、暗い中、幕張りをしておおよそ完了、という綱渡り。

よく頑張ったとも言えますが、お彼岸お入りまで、まったくがんばっていなかったというのが真実。企業ならありえない体たらくです。

まあ、良くも悪くも世間離れした場所ということで、自己弁護することにします。


準備の最後、山門の幕を張り、高札を立てました。

20年、法要法座のたびに年に数回繰り返してきた作業です。住職を継職したときに新調し、使い続ける六金色の幕。全然傷んでいません。というか、まだ新品のよう。

同様に、住職もまだまだ十分使えそう。というか、まだまだ初心者のよう。自分のこととなると、なかなか、謙虚にそうは思えないものです。





by e.wash-r | 2015-09-21 00:01 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(2)
Commented by 釋覺性 at 2015-09-21 16:24 x
ご無沙汰しております。
私も、昨日、ようやくお彼岸のお荘厳、お墓参りをしました。

ネットの古本屋で「真宗重宝聚英(第3巻)」を取り寄せました。古本でしたが、涙が出るくらい高価でした。
第3巻は、真宗各派のお寺が所蔵する方便法身尊像、御木仏尊像の写真。岩手県の民間信仰「かくし念仏」の御絵像も掲載されてとても見応えあり・・・。
あと1冊、「羅網のあゆみ」という本、届きます。
羅網(らもう)=仏天蓋ですね。

今日、宮澤賢治忌。




Commented by e.wash-r at 2015-09-22 01:09
お元気そうで何よりです。

「『かくし念仏』のご絵像』とありますが、何か特徴があるのですか。興味深いです。

9/21は宮沢賢治忌なんですね。お世話になった坊守さまも父も9/21がお祥月です。

釋覺性さま
<< 命日 秋空高く  -方県小学校の運動会- >>