極楽寺報恩講2015
b0029488_1593575.jpg


2年ぶりに極楽寺報恩講朝座におまいり。

H地区の方々でいっぱいでした。消防団の先輩、同級生のお母さん、当寺ご門徒の方々等々といっしょに、アットホームな感じでおまいりさせていただきました。

おまいりのあと、梁瀬秀臣師のご法話をお聴聞。

戦没者追悼法要でもあるので、先生は戦争について描かれた詩を何編か朗読されました。戦禍の中で生まれた生命の詩に、多くの方が涙。

H地区は、石山戦争時、信長のお膝元であり、本願寺に兵糧を運んだ土地柄。当時の複雑な状況を思い、普通に、報恩講におまいりできるということに、平和をつくづく実感しました。

いかなる世であっても、変わることのない如来さまのお慈悲ですが、できることなら、普通に、ごくごく普通に報恩講におまいりできる世であって欲しいと思うことです。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2015-12-06 23:29 | おまいりにて | Comments(0)
<< 香教寺報恩講2015 岐阜別院報恩講2015 >>