おみがき 2015
b0029488_1353028.jpg
b0029488_1355954.jpg
b0029488_136915.jpg


お仏具のおみがき。今年はS地区とM地区の方々。

全員男の方でした。ボクの記憶の限りでは、はじめて。平均年齢も60才を下回る若さ。性別も年齢もこだわることは何もないおとりもちですが、素直に壮観でした。

感謝。


昔は、田植えのときわけてもらった苗を干しておいて、お磨きをしました。干した苗の青臭い匂いが、お磨きの記憶です。

このごろは、お墓をあたらしく刻んたときに巻く白い晒をいただいて、おみがきに使っています。

「お墓に巻いた晒は、妊婦さんの帯祝い(戌帯)に使う」という風習があるのですが、最近はあまり用いられないようで、当寺では「おみがきに使う」が、風習になりつつあります。

「帯祝い(戌帯)に使う」という風習も残ってほしいので、共存できればいいのですが・・・。


ピカピカに磨いてもらったあとは、庫裏でお昼ごはん。Kさんと坊守の手料理です。

12月にしては暖かいせいもあるのでしょうが、のどかな一日(半日)でした。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2015-12-13 23:33 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
<< 福満寺報恩講2015 柚子包む 岐阜新聞の 皺伸ばす >>