お墓そうじ
b0029488_07554610.jpg


おまいりの段取り間違いで時間が空きました。お墓の草刈りと落ち葉掃き。

2時間でできるだろうと思って、始めましたが、30分ほど草刈りをした時点で到底無理と判断。急遽、坊守と若院に協力要請。

さすがに3人だと仕事がはかどります。草刈り機、エンジンブロアをフル稼働し、いかにもそうじをした後という感じの気持ちのいい墓地、参道になりました。

仕事の見通しの甘さを反省し、手伝ってくれた坊守と若院に素直に感謝。

悲しいかな、時間も体力もない年末です。








by e.wash-r | 2015-12-25 23:25 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(2)
Commented by 釋覺性 at 2015-12-27 13:17 x
お坊さんが走り回る月が「師走」の語源だそうですが。
私は年末年始、ほぼ会社に居ます・・・・。

「キリストのお墓」は、土盛りの上に十字架が立てられています。記念館もあり、ちょっとした公園です。
代々、沢口さんというお宅が守ってきました。
「ナニャドヤラ」節という歌と手踊りで夏にはお祭りがあります。ナニャドヤラの語源を巡っては、ヘブライ語の「エホバよ進みたまえ・・・」とする説と、男女間の恋の歌「何なりとなされ・・・」とする説で、過去に大論争があったらしいです。

秋田県には、涙を流した「マリア様」の像もいらっしゃいます。雑誌「ムー」の世界ですね。
Commented by e.wash-r at 2015-12-30 03:44
覺性さまも、この時季はたいへんですよね。おたがい、しっかりつとめていきましょう。

どの話も、なんか、いいですね。目くじら立てずに、ほのぼの、のほほんと見たり聞いたりしたいですね。


釋覺性さま
<< 牡蠣小屋 イヴ >>