“大切なことは面倒くさい”のだ!
b0029488_21253966.jpg


兵庫より報恩講出講中のH師と、最近なかなか予定が合わずごぶさただったS師と、まったり夕食。

情報交換しながら、積もる話を延々と。

見識、実践ともに豊富な両師のお話を聞きながら、ボクが最近感じていることは、それほど的外れでないことを実感。

同様の問題を共有していても、その中身は決して安堵できることではないことが頭の痛いところです。


「ルーチン」が注目されています。

お寺のことは、日、月、年、50年100年というさまざまなタイムスケールの普通というルーチンワーク。

「面倒くさいこと」「お手間入り」の繰り返しなんだと、面倒くさがり屋で手抜きが好きな3人で、おおいに意気軒昂したのでした。


面倒くさいだけのことも多いですけどね。






by e.wash-r | 2016-02-10 23:36 | そらごと、たはごと | Comments(0)
<< 丈夫な輪袈裟 「もおっ!ちゃんと話したら?」 >>