好文木  ―こどもの茶道教室―
b0029488_23561349.jpg
b0029488_23563961.jpg
b0029488_23565534.jpg
b0029488_23573460.jpg
b0029488_23572193.jpg


夜、こどもの茶道教室。ふたりだけのお稽古。ふたりはインフルエンザでお休み。

軸は大叔父の描いた「白梅」。
花はねこやなぎ。
お菓子は「雲龍」と手作りの柚子ピール。


法務の合間、稽古の様子をちょっと覗いて、一服お相伴にあずかりました。

はじめたころと比べると、ずいぶん丁寧で上品になった所作に感心。


好文木は梅の別名。学問の花の意だそうです。

お茶を楽しこどもたちを眺め、その感性のうちに、いろんな経験をしてほしいなあと、つくづく思いました。

深かまらなくても、いっぱい遊んで(学んで)ほしい、そんな思いです。


                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2016-02-15 23:46 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(2)
Commented by 釋覺性 at 2016-02-16 17:51 x
ご無沙汰しております。
本年もよろしくお願いいたします・・・遅くなりましたが。
春の訪れを感じさせますね。
岩手はまだ寒く、今日は雪がちらほら。例年よりはすごく少ないのです。先月は、奥州平泉の中尊寺(天台宗東北大本山)、毛越寺(天台宗別格寺)にお参りに行ったりしています。毛越寺の常行堂のご本尊は宝冠阿弥陀如来座像。初めてお目にかかりました。
今月は、今はやり(?)の「ふくろうカフェ」に行って、ふくろうに癒され・・・てきました。
Commented by e.wash-r at 2016-02-16 23:52
こちらこそよろしくお願いします。

15年くらい前、毛越寺にお参りしました。池の記憶しかありません。最近、とにかく記憶が曖昧です。

「ふくろうカフェ」って、ひょっとして伏せて寝るふくろうのいるお店ですか。テレビでちらっと見ましたが。

春になると、ときどきコノハズクがやってきます。今年も来るかなあ。

当地も、冷え込んで、朝、ふわふわの雪が舞いました。


釋覺性さま
<< ポスト・モダン・タイムス 雨のバレンタイン >>