彼岸会の後片付け
3/23分
b0029488_19214279.jpg
b0029488_1921545.jpg


終日忙しかったので、片付けできないままだった山門幕、本堂の六金色幕を外しました。夜の10時、なんとか彼岸過ぎにならないようにと、夜なべ。

明るい月夜とはいえ、最近ますます見えなくなってきている老いた眼には、なかなか厄介な作業でした。

内陣を平素のお荘厳に戻す作業(打敷きを外したり、常香盤を出したらり、お軸を変えたり)もしないといけないのですが、疲れているのでパス。

外から見てよく分かるコトはなんとか仕上げておいて、中のことは後回しという心理です。


1、いつもの表と裏の使い分け。本堂のことが「裏」となってしまうという体たらく。

2、決まり事なので、本来徹夜してでもする仕事。住職裁量という体たらく。


そう、分析だけはしておこうと思います。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2016-03-23 23:18 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
<< 小学校の卒業式へ  -「故郷」- むくの木合唱団定期演奏会 -岐... >>