2016 美濃四十八座 超宗寺真宗講座 松月博宣師 
b0029488_22263732.jpg
b0029488_22265074.jpg
b0029488_2227279.jpg


超宗寺真宗講座昼座のお聴聞。ご講師は、福岡の松月博宣先生。

お聴聞を楽しみまいられた方々と、いつもの松月先生のお話しを、いつものように。

衒いのない普通さ加減が、なんとも言えずありがたく、どっぷりお慈悲のお話しに浸かる贅沢な時間です。日常の延長に、このような時を持てることが、お座の醍醐味なんだろうなあと、お座を立てるもののひとりとしても、しみじみ思ったことです。

*上記「醍醐味」は仏教用語起源の醍醐味を一般用語として使用。

夜座は、日曜学校のこどもたちが20人ほどお聴聞していたと聞きました。

あの手この手で、こどもたちにご縁を、と奔走される超宗寺ご住職、二席の内の一席30分こどもたちに語りかけるようにお話しをされた松月先生、そしてとにかく本堂に座ったこどもたち、いっしょにお聴聞をされたお同行。

まいることができなかった夜座の本堂の様子を思い浮かべ、思い浮かべるだけながら、10年ほど前に見た北陸の雪の中の常例のお座の雰囲気への憧憬が、ひょっとしたら身近になりつつあるのかもしれない、とちょっと感激しています。


昼座が終った超宗寺境内。

『ロバのパン屋さん』と正尊寺さんの『美濃四十八座号』と家路につかれるお同行と長い影。

お座が立つって、いいね。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2016-05-13 23:25 | お聴聞 | Comments(0)
<< 入仏法要 -開闢・お紐解き- 宗徧バラ -ショウレンジバナ- >>