2016美濃四十八座 林雙寺真宗講座 西原祐治師
b0029488_823464.jpg
b0029488_8235621.jpg
b0029488_824321.jpg


林雙寺真宗講座の昼座・夜座のお聴聞。ご講師は千葉より西原祐治先生。

社会科学、自然科学の分野で語られる人、人の社会の姿を、ほとけさまのまなざしに照らしてお話しくださいました。関東の都市開教につとめられる先生。なんとなく、「都会」を感じました。でも、いつでもどこでも人は人であり、やっぱり、阿弥陀さん、でした。

プログラムの都合上、夜座の一瞬、受付のお手伝いをしました。近隣の林雙寺のお同行、なじみの方々に混じって、「はじめてなので。」とおっしゃる仕事帰りとおぼしきスーツ姿の男性。ご住職が配布されたチラシをご覧になって訪ねていらっしゃったそうです。

いつも熱いご住職。あの手この手のお誘いが、いままでご縁のなかったひとりのお方に届いた場面。

たとえ本堂が満堂であっても、お座を立てるご院さん方は、そこにいらっしゃらないご門徒の方々の姿を気にするものです。いつも当たり前のようにお聴聞されるお同行と同じく、はじめてお聴聞に来てくださったというおひとりに、主催者はどれほど励まされることか、と。

31日は、「お坊さんの休日」。のんびりお聴聞した一日でした。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2016-05-31 08:13 | お聴聞 | Comments(0)
<< 今月のことば (下ネタです。悪... 父の日 >>