村の寄り合いへ
b0029488_1431311.jpg


おおよそ最終日曜の夜は村の寄り合い。急いで帰ってきました。最近みんな参集が早いので、7時半の開始時間の20分前に家を出て300mほど先の公民館へ。

もうほとんどの方々が集まってみえました。開始5分前、まだ姿の見えないHさんに、今回の当番さんが電話。定刻ピッタリに始まった寄り合いは、5分で終わりました。


公民館は川縁にあります。明日は、公民館をベースにして小学校の5年生と川遊びの予定。

土曜の夕方、川へ降りる堤防の草刈りをするつもりでいました。が、もうしっかり草刈りが終わっていました。土曜の朝は、まだ草ぼうぼうだったので、どなたかが、川遊びの準備をしてくださったことになります。有り難いけど、担当者のボクとしては申し訳ない感じです。

心当たりは、草刈り名人のMさんか、小学校から川遊びの連絡を受けていらっしゃる区長のTさん。

寄り合いのとき、区長さんの奥さんにそれとなく聞いてみると「なんか、小学生の川遊びがあるから、草刈りするとかいってましたよ・・・。」と。堤防から河原まで、草を刈って道をつけてくださったのは区長さんでした。頭が下がることです。

そんなこんなの村の人たちのお手間を受けて川遊びを楽しめるということも、明日、こどもたちに伝えようと思います。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2016-06-26 23:42 | ふるさと | Comments(0)
<< 伊自良川生物調査(公称) ―ミ... 黒野組総代会総会・研修会 >>