2016美濃四十八座 浄妙寺真宗講座 浅田恵真師
b0029488_01148100.jpg
b0029488_012754.jpg
b0029488_0121824.jpg


池田町浄妙寺真宗講座昼座のお聴聞。ご講師は勧学の浅田恵真先生。


光雲無碍如虚空
一切の有碍にさはりなし
光澤かふらぬものぞなき
難思議を帰命せよ   
(浄土和讃)


両親(おや)おくり 妻先にゆき 子の急ぐ
茜(あかね)の雲は 美しきかな
(浅田先生の恩師、土橋秀高師の句)



ふたつのうたを通じて、「ひかりくも」のお味わい。

”雲を通して届く光”というイメージだけを持っていましたが、”沈んでなお茜雲となって届く光”というイメージも。

分別の目には難思議ですが、悲喜の身に一如の光ということ、有り難く聞かせていただきました。


”あたたかく笑顔のあふれるお座”を開かれるご住職。
報恩講のような立華でお荘厳される前ご住職。
燭を整えられる未来のご住職。

三代揃って、満堂のお同行を迎えられるご院さん方に少々嫉妬しながら、心地良いお座を楽しみました。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2016-07-10 00:00 | お聴聞 | Comments(0)
<< 寝坊により ー草刈りー 平和の鐘 ー7/9は岐阜空襲が... >>