彼岸会 2
b0029488_105819.jpg
雨のなか、ようこそ。
b0029488_0593920.jpg
おつとめは、午前午後に分けて三部経さま。
b0029488_0595696.jpg
住職自勤のお取り次ぎ。
b0029488_101556.jpg
おとき。今回から椅子席8席用意しました。
b0029488_103157.jpg
お勝手方。ベテランに加わって、新人?おふたり。
b0029488_104437.jpg
法要後、準備を整え、定例地区総代会を待つ総代さん。


秋季彼岸会・永代経法要。

ひどい雨でしたが、おときの丸アゲの数が足りなくなるほどのおまいり。「外仕事できないし・・・」という有り難いご縁の方も。

「おつとめの声が出ない」「お取り次ぎの時間配分の失敗」等々、住職の、体調等も含め準備不足が露呈しました。睡眠時間2時間という、遠足前夜、興奮して眠れないこどものようなていたらくを反省しております。

午前のお座のおまいりが多かったこと。
午後のお座も、例年に比べおまいりが多かったこと。
はじめての方が、何人もあったこと。
お勝手方に、はじめての方々が入られたこと。

以上、今回のうれしかったこと。いいお彼岸でした。



法要の後、第2回定例地区総代会。

3月の門徒総会で、『報恩講のおとりもち』は全門徒の当番制ということを決めました。

今年度報恩講の準備・当日あわせて4日の日程、当番割り当て、おとりもちの内容の確認とお願いをしました。

お手間入り、ことばを換えると、ちょっと面倒くさいし無理をすることになるけど、旧来のことを、泥くさくとにかくみんなでやっていこう、というスタンスです。

住職の思いも、総代さん方の思いも、関わってもらうことで生まれてくる何かへの期待です。それと、なんとしても、立派に報恩講をつとめるという意気込み。でも、なぜか、不安より確信の方が大きいという不思議。気弱なボクには珍しいことです。どうなることやら・・・。

声かけまくって、伝灯奉告法要の予定参拝人数にあと一人というところまで来ました。総代さん方のご協力に感謝。

いい地区総代会でした。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2016-09-22 23:58 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(2)
Commented by gizing at 2016-09-25 18:53 x
現在の大阪では、こんなに温かく、暮らしに根付いた法要は見られなくなりました。さみしいです。

伝統仏教を取り巻く環境は、日を追って厳しくなっているようですが、自分としては悲観していません。

浄土真宗は、僕らの一番痛い所をつかんでいますから。
Commented by e.wash-r at 2016-09-26 00:11
にぎやかにみえるように切り取った写真と文章です。

嘘はないですが、現況の厳しさ・危うさゆえのはったりかも知れません。

ただ、この田舎で、少なくとも、ご門徒さんたちと、おみのりとお寺を大切にしていこうという、妙におだやかな気分ではあります。

おっしゃるとおり、「浄土真宗は、僕らの一番痛い所をつかんでいますから。」、ボクも悲観していません。

ありがとうございます。いつも貴コメントとに勇気づけられています。


gizingさま
<< 磔(はりつけ)の刑 彼岸会 1 >>