続・「野生の証明」とか「人間の証明」とか
b0029488_1341175.jpg
b0029488_1342618.jpg


黄鐘会翌日、ぼちぼち後片付け。

本堂の向拝で半分日向ぼっこしながら六金色幕をたたんでいると、山門から少し顔を出して、キツネが境内の様子を伺っているのを発見。

夜はよく見かけるけど、昼間は珍しいなあ、と思っていると、そのキツネが境内に入ってきました。

参道をトコトコ歩いて本堂の方に来ます。


コラ、オマエ、野生やろ!
正面に人がいるのに無防備でいいのか?
気がつけ!


10mも離れていません。こっちが焦ってiphoneのカメラ起動するのに手間取りました。

素知らぬ顔で通り過ぎてゆくキツネを追いかけて写真取らせていただきました。ほとんど写っていませんが、キツネの緊張感のなさは伝わってきます。

この完全敗北感。


追いかけたら、せめて走って逃げろ!

地球が狂ってきているような気がします。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2016-11-19 23:18 | そらごと、たはごと | Comments(0)
<< 金證寺報恩講2016 アルバム 2016黄鐘会冬座 >>