境内清掃 雨で中止
b0029488_07560493.jpg

b0029488_07560438.jpg

11/27分

仏教壮年会ができた50年くらい前から続いている境内清掃の日。

当初は、土木作業が中心でしたが、今はお寺の行事となって、ありとあらゆる清掃作業をしています。

今年から、早稲の収穫と重なり、しかも残暑厳しい9月第1週の日曜から、稲刈りが終わり、イチョウが散った後の11月最終週の日曜に変更しました。

はじめてのこと、住職としてはお取り越し参りの真っ只中、黄鐘会のあとということもあり、余裕のない分、珍しくボチボチ早めの準備をしていましたが。

前日夜半から降り始めた雨。1時間ごとの予報では、当日は終日雨。ただ、境内清掃の8時〜11時は雨量0mmという微妙なもの。

前日の「中止」判断を躊躇しました。当日早朝判断することに。朝はもっとむずかしい判断になりました。結果、迷って中止。

決定後は、連絡と買いだしてあったオヤツや飲み物・食材の配布に奔走。

中止のもかかわらず心配して駆けつけてくださった総代さんや地元の方、連絡前に家を出られた方々が何人もおいでになったので、庫裏が喫茶室になりました。

外を眺め、いっそ土砂降りになってほしいと、勝手なことを思いながらの朝のコーヒー。

判断するということは、つくづくたいへんなことだと思いました。










by e.wash-r | 2016-11-27 23:14 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
<< 2016大性寺報恩講 さいぞうぼうだより >>