先ず「カイ」よりはじめよ
b0029488_2154885.jpg
b0029488_216051.jpg
b0029488_2161029.jpg
b0029488_2162084.jpg


朝、ギリギリ雨が降り出す前に、無節操に伸びた五葉松に登って、報恩講のお華の「カイ」を作るための枝を切りました。今年は松ぼっくりも付いています。

切り落とした枝から、きれいな葉を選りすぐって「カイ」を作るのは坊守のお仕事。

小さな枝を何本も針金で結んで、「松の古木の枝葉」を演出したものが「カイ」。やはり古木を模して仕組んだ「シン」につけて、立華とします。

根気のいる作業。寒いので、居間に持ち込んで。

坊守は、今日から連日の夜なべです。

部屋の中が、松の脂のいい香りで満ちています。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2016-12-26 23:14 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
<< 庭木の手入れ クリスマスパーティ >>