専宗寺永代経法要
b0029488_737493.jpg


専宗寺永代経法要のご縁をいただき、よろこんでお取り次ぎ。


お取り次ぎに時間に、ギリギリ駆け込むと、向拝で2才の新発意さんがお出迎え。座敷に入るとお茶のお接待もしてくださいました。新発意さんは、その後、おつとめのおわった門徒さん方のところへ行って、ごあいさつをしていらっしゃる様子。本堂から、和やかな笑い声が聞こえてきました。

庫裏建設中でたいへんななか、てらいなく勤まる法要。”お座”の強さなのだと思います。


当寺報恩講のお取り次ぎを、何十年も続けてくださった専宗寺前ご住職。
現ご住職には、遊びも勉強もお世話になっております。
当寺境内の銀杏は、専宗寺さまの銀杏を接ぎ木したもの。

お世話になりっぱなしのお寺で、心地よいときを過ごさせていただきました。


ボクだけ、心地よいようではだめなんですけどね。

やっぱり阿弥陀さん、お座はいいね、ということで・・・。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2017-04-15 23:37 | おまいりにて | Comments(0)
<< 専宗寺永代経法要 二日目 草と闘う >>