ありがとうございました 2
b0029488_2149946.jpg


ご葬儀を終え、お礼参りに来てくださったM家ご家族と、Mさんの懐かしい話をいっぱいしました。

その後、Mさんの息子さんと孫さんと3人で、葬儀をつとめてくださった6ヶ寺にお礼参り。

息子さんは「祖父の葬儀のとき、親父についてお礼参りにまわったから。」と、長男さんを誘われました。ボクも息子さんも”Mさんなら、きっとこうしていたにちがいない”というおもいでした。3人で2時間かかって6ヶ寺をまわりました。

Mさんお手回しの、いい時間でした。


Mさんの写真をさがして、15年分ほどのデジタル写真を見直しました。

お寺の仏事行事のときには、必ずいらっしゃったMさんの姿が、次から次へと。

万感の思いで、写真をたどり気付いたこと。

息子さんや孫さんやお寺の新発意といっしょの写真が多いということ。
お客様と同席されている写真が多いということ。

常に、広げること、次世代につなげることを考えていてくださったのだと思います。


90年、戦後70年、ボクが生まれて55年、お寺とともに過ごしてくださったMさん。

ボクは、どっぷりその中にいました。Mさんは、S先生・M先生・S師・M師・・・と同じく、常に綱渡り、怪しい分岐点をいくつも通って今に至るボクの、いつも傍らにいてくださいました。

今が正しいかどうかはわかりませんが、ボクは、最高の道程だったと思っています。


Mさんの娑婆の意志は、ボクもボクの周りのお寺の方々も十分に受けとめています。

ありがとうございました。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2017-04-22 23:48 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(4)
Commented at 2017-04-25 21:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by e.wash-r at 2017-04-27 06:05
鍵のBさま

塚本小太膳のご縁を、M総代さんは大変よろこんでおられました。M総代さんのライフワークでしたので。

このタイミングでの出会いがなかったら、埋もれてしまった歴史になってしまったかもしれないとさえ思えます。

歴史に限らず、地域、寺にとってかけがえのない方でした。
Commented at 2017-06-15 19:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by e.wash-r at 2017-06-19 00:08
鍵のBさま

ありがとうございます。

M総代さんのご家族一同もおまいりされ、開闢法要とおときと納骨のご縁にあわれます。

遠方よりの上山に、こちらこそ感謝申し上げます。
<< 母校へ ありがとうございました >>