野球少年だった?!
b0029488_22494260.jpg


夏の甲子園の岐阜予選がはじまります。

午後、ここ数年恒例になった大会準備のお手伝いで長良川球場へ。

当初のメンバーが、どんどん退役していかれ、気がつけば、仕事内容をよく知る二人のうちの一人になってしまいました。

野球少年だったとは言え、ここまで全てなんとなくの成り行き。この先、どうなることやら、です。


ONに憧れ、目標はプロ野球選手。手紙を書いて貰った王選手のサインが宝物。

練習は田んぼ。試合は自転車で。ユニホームはなし。

日が暮れるまで、バット振ってボール投げていました。終戦後の焼け野原の野球少年みたいですが、ほんの50年ほど前の話です。

丸刈りにするのが嫌で、中学では野球部に入りませんでしたが、なぜか、今は、野球もしないのに丸刈り。

なんだか、何もかも流されてますね。














                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2017-07-07 22:18 | ふるさと | Comments(2)
Commented by gizing at 2017-07-08 17:20 x
語弊があるかもしれませんが、運ばれてゆく心地よさ、という
ものがあるように思います。
Commented by e.wash-r at 2017-07-09 08:32
理解していないかもしれませんが、流れにあらがうということへの感覚が、若いころとはなんとなく違ってきているような気がします。

年のせいだけではないと思いますが。

運ばれてゆく心地よさ、ということ、やはり感覚としてなんとなくそうですよね。


gizingさま
<< 美濃四十八座 超宗寺真宗講座 ... みょうがぼち >>