愚の骨頂 ーカテゴリ「愚考」作成ー
b0029488_20431987.jpg



思索、思惟が必要だと思う。妄想、独断ではあるが。

そう思って、随分時が過ぎ、やっと「愚考」というカテゴリを作った。

以下、本文


AI(人工知能)、ディープラーニング(深層学習)、ビッグデータ(大容量のデジタルデータ)というようなこと。気になります。

どこまでゆくのか、どれほど人間の能力の限界をサポートできるのか、あるいは、人間の手に負えるものなのか、という懐疑のなかで、進化している分野です。

専門的なことはわかりませんが、ほとけさまのおみのりに会ったものとして、ひとつ言えることがあります。

人のデータは煩悩、学習も煩悩、知能も煩悩、ということ。

アホが集まって、アホな分析・学習をしても、アホの論理しか生まれないということ。

アホを否定しているわけではないです。ボクたちの世界は、こういうものだろうな、ということ。

では、そのアホ、このアホはどうしたらいいの?ということになるのですが、及ばずながら精一杯やっている、ということでいいのではないかと。

決して真理にたどり着くわけでなく、アホとアホの間の一応の共通理解を深めていこう、というようなことに収束するのではないかと。

今、ボクがFBでつながっている方々のアイコンをまとめて画像をにしました。ボクという煩悩のフィルター、分別に適った方々の集合体と言っていいと思います。

失礼ながら、あやしいですよね。この集合体のデータを解析・学習してできるAI(人工知能)があるとしても、それはそれで、やっぱりあやしいですよね。


あやしくても、おぼつかなく、ぼちぼちいくしかないわけで。

正しいと思ったら、たぶんそれはおごりです。
おごりもいいですけどね。


気負ったわりには実にあたりまえの愚考でした。








.
by e.wash-r | 2017-08-11 20:40 | 愚考 | Comments(0)
<< カレーロード延長戦  -お盆の準備- さかなのかたちの干菓子 >>