家は学校じゃないということ
b0029488_402164.jpg



FBを覗いて見つけたコメントに、えらく同感してしまったので、一部切り取って、多少加工して、そのあたりの雰囲気が伝わるように、下記。(コメント主に転載の同意得ていません。あしからず。)

夏休み中盤

そろそろ限界
本当早く学校始まって
でもさ、ってことは 学校ってやっぱりすごいよね


自分のこども(1~6人くらい?)を見ている親。
1クラス、30・40人の生徒を見ている先生、学校。

見ている姿勢が違うんだとおもいます。
家庭と学校では、場の役割が違うし。

どう違うかは、もう眠くて考えるの面倒なので、パス。

何が言いたいかというと、親の思いを先生に、家庭の思いを学校に期待するのは、ちょっと筋が違うんじゃないかな、ということ。

期待するなという意味ではなくて、そもそも学校のパフォーマンスは最高だということ。
「学校ってやっぱりすごいよね」なのだと思うわけです。

それに比べー家庭のことは、自分のことなので、???なのであります。


整理できませんでした。なんか矛盾だらけのような・・・。






やっぱり愚考です。
by e.wash-r | 2017-08-13 04:11 | 愚考 | Comments(0)
<< お盆の日曜日 夏のフェイント >>