お盆のフライング
b0029488_8221338.jpg


海に行きました。

無理やり作った空き時間に、30年来の気の置けない海の友だちのEが、やはり無理して合わせてくれました。

23時出発。川の住人であるEと、川の変遷を語りながら雨の山越え。運転と話はEに任せて、時々眠り込んでしまいましたが、車中もまた貴重な時間。

海の道具一式を長男が下宿に持っていっているのをすっかり忘れていて、急遽仕立てた海の道具は、

1、子供用フィン
2、ヒモでくくりつける鉛のウエイト
3、Eに準備してもらったゴム
4、出発15分前に、ガラクタで仕上げた銛
4、靴としては機能しない捨てるつもりのボロボロのマリンブーツ

おぼつかない部分もありますが、素人漁師には、ある意味必要十分。

午前2時半頃、いつもの海。久しぶりに海べりで寝ました。キャブオーバーの車内は、エンジンの予熱でいちまでも暑く、疲れていても寝られないほど。毎度の寝不足の海です。

5時半に起きて、雨の中、海べりをぶらぶら。地元のおじさんや話しかけてきたキャンパーと歓談後、ぼちぼち海の準備。

うねりがあり、沖では白波が立っています。波裏の穏やかなところで、入水。午前中、無理せず、海賊一味になりました。水は予想以上にきれいでした。

キジハタ、カサゴがやたらのんびり浮いていましたが、みな小ぶり。
はじめて、ボラの群れに囲まれました。200匹以上はいたと思います。40~50センチのボラが、ボクを中心にぐるぐる回る(ボクにはそう見えました)という壮観。

大物には出会えなかったので、ほとんど戦うことはせず。

深めの岩の下に大きめのキジハタがいて、何度か覗きましたが、戦ったらブラックアウトしそうな気がしたので、覗いただけ。

正午前には、帰途に。


夕方から、お盆最後のおまいり。寺に帰って、blog書く体力はありませんでした。

無理してお盆の合間に海にいく必要があったのかどうか、ちょっとフライングだったような気もしますが、とにかくお盆が終わりました。

b0029488_965024.jpg
夜明けの海。隣に美女はいません。
b0029488_973483.jpg
オハグロベラ。けっこう目立つ魚。この魚の近くには狙っている魚がいることが多く、ボクは目印にしています。
b0029488_9111346.jpg
親戚がそろうお盆のおまいり。微妙に若者の集りが悪くなってきているような・・・。
b0029488_910208.jpg
最近、赤い提灯が並ぶようになったお盆のお墓。
by e.wash-r | 2017-08-16 23:56 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(2)
Commented by gizing at 2017-08-18 11:10 x
記事を拝読していますと、BGMのように、

Jonathan richman & The Modern Lovers のアルバム

"Jonathan sings!"の1曲目、”That Summer Feeling"が

頭に浮かんでまいります。

Youtubeに挙がっています。

トシのせいか、胸に染み入ります。
Commented by e.wash-r at 2017-08-19 11:50
聞きました。
詞も読みました。

やっぱり「夏」ですね。

寂しさ、うれしさ、悲しみ、歓び、虚しさ、そういったすべてのものが、今、どうしようもなく絡みついてくるような・・・。


染み入りますね。

いい歌、ありがとうございました。
<< 竜巻注意報 如衆水入海賊一味 >>