大雨の報告 伊自良川の様子
b0029488_10305431.jpg
2018/8/18 7:40 伊自良川 
b0029488_1032157.jpg
9:00 御望山 ほぼ、雨は上がる
b0029488_103489.jpg
城田寺地区 堤内の遊水池
b0029488_1035227.jpg
堤内の柿畑 例年水に浸るところ
b0029488_10363227.jpg
石谷地区 豪雨を涵養する水田、休耕田と水路
b0029488_10385374.jpg
堤防、遊水池とも、余裕。
b0029488_10394423.jpg
10:30安食地区 いのべ橋より
b0029488_1040463.jpg
濁流 濁り具合が薄い 上流も被害なし、か?
b0029488_1042254.jpg
岩利地区 いつもの川遊びの場所
b0029488_105282.jpg
8/21、川遊び予定の場所 飛び込みは無理かも 


昨晩、竜巻注意報云々のlogを残した手前、(水防団員という肩書きがある手前)、朝のおまいりの道中。川の様子を撮ってきました。

朝の7時半時点で、増水のピークは過ぎていたと思います。河岸の様子からすると、たぶん、ピーク時より7~80センチ、水位は下がっています。やれやれです。

今回の出水が、どの程度かというと、例年数回ある部類かと。ただ、夜半からの雨のみで、と考えると、相当なことであるとは思います。

意外なのは、水の濁りが薄いこと。少なくともボクにはそう見えました。

気になるのは、8/21の川遊び。通常には戻りそうもありません。今後3日間、雨が降らなければ、いつもより水量の多い川で遊ぶ、ということなのでしょうが、水量次第。河床がどう変わっているかも、もう少し水引かないとわかりません。

8/21は、参加予約があるので、慎重に川の状態をチェックしていきたいと思います。

前述の通り、水の濁りが薄いので、早く引くかもしれないと思いつつ、逆に、水量を保つような気も・・・。


今回、道中、水の様子を見て、涵養域、遊水池の重要性を再認識。水田等、水をゆっくり排出する場の重要性を思いました。

当方県地区と網代地区に避難**が出ましたが、大事に至らなかったのは、間違いなく、流域の山と田んぼのおかげだと思います。


以上、2017/8/18の伊自良川の報告と記録。





                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2017-08-18 11:09 | ふるさと | Comments(0)
<< 美濃四十八座 西光寺真宗講座 ... 竜巻注意報 >>