美濃四十八座 善徳寺真宗講座 日置宗明師
b0029488_00285736.jpg
b0029488_00292186.jpg

善徳寺真宗講座夜座へ。前回に引き続き、三重の日置宗明先生のお話を聞きました。

「西」の字の意味より、お浄土のお味わい。かえるところのある安心をお話くださいました。


ご法話の内容とはあまり関係なのですが、かえるところがあるということと旅の関係について、いつも思うことがあります。

「帰ってくる前提の旅」と「帰ってこないかもしれない旅」ということ。tourとtravelには、厳密な違いではないようですが、微妙なニュアンスの違いがあるようです。「旅行者」と「旅人」のような。

”旅の本質は帰ってこないことである”という感覚、なんとなく憧れます。普通の社会生活を送っている限り、非現実的ですが。

帰ってきても、帰ってこなくても、安心の地としての故郷のようなものはあるということなんでしょうね。なんとなく、そんなことを思っています。


お座のあと、改築された庫裏をゆっくり拝見してきました。
b0029488_00294236.jpg
b0029488_00295644.jpg
b0029488_00303537.jpg
b0029488_00305278.jpg






                    
Tumblr 『西蔵防だよん』
 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog






by e.wash-r | 2017-10-17 23:02 | お聴聞 | Comments(0)
<< 選挙ですね 信じています >>