逮夜まいり・おじょうはん・相焼香
b0029488_1619394.jpg
夏休み2回目の29日、祖母の月命日です。相焼香(あいじょうこう)のご院さんが、おじょうはんのおまいりにみえました。

【おじょうはん】
月命日に、ご院さんに来てもらっておまいりすることを、月忌まいり、月参り、逮夜まいり(命日の前日のおまいり)等と呼んでいます。当地では、このおまいりのことを、「おじょうはん」と言い習わしています。
「おじょうはん」がどのような漢字なのか、どのような意味なのかは、わかりません。

【相焼香(あいじょうこう)】
西本願寺のお寺は、おおよそ2ヶ寺がひと組になっていて、おたがいがそれぞれのおつとめをします。●寺さんと■寺さんが相焼香(あいじょうこう)の場合、●寺さんのお葬式や法事等を■寺さんがつとめ、■寺さんのお葬式や法事等は、●寺さんがつとめます。例外もあります。

とにかく、当寺の場合は、毎月29日の朝、相焼香(あいじょうこう)のD寺のご院さんをお迎えして、月命日のおまいり・おじょうはんをおつとめしています。

今日、ボクは、朝8時、となりの村へおじょうはんのおまいりに行き、9時に寺に帰ってお寺のおじょうはんにおまいりし、また10時から岐阜の町方面へおじょうはんのおまいりに行きました。

自坊で、おじょうはんのおまいりをしながら思ったこと。

1、いわゆる夏休みなのに、7月も8月も、こどもたちといっしょにおまいりすることができませんでした。こどもたちが、ズルをしたわけではありません。彼らなりに、予定があったのです。ますます、「おじょうはん」というご縁が大切に思えてきました。

2、お寺とご門徒さんの間を行ったり来たりしておまいりしています。もし、合理性ということが第一義であるなら、合理的な変革をするべきでしょう。でも、そういう問題ではないところにお寺はあります。もちろん、不合理を追求するものではありませんが、お寺だからこそ、合理性の追求だけではない世界を大切にしていく必要があると思っています。


【逮夜まいり】
昼夜24時間を六時にわけておつとめする往生礼讃という偈文(お経)は、日没(にちもつ)礼讃からはじまります。命日の前日におつとめする逮夜まいりは、このことと関係があるらしいです。


なお、この日記は、3日遅れのupデス。


                    【 一年前の今日のblog




..................................................................................................................

 よ う こ そ 『 西 蔵 坊 だ よ り 』 へ

b0029488_22514638.gif『西蔵坊だより』は、 森鏡山 正蓮寺の住職の日記です。
仏教のこと、山や川や海のこと、TIBETのこと等、思いつくまま書いています。
よろしければ、TopPageより、ゆっくりご覧ください。

                    『西蔵坊だより』TopPage

by e.wash-r | 2006-08-31 00:01 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(2)
Commented by 宮崎県人 at 2006-09-01 22:07 x
失礼とは思いますが、一言申し上げます。
解釈は事実を基にした行為ではないのでしょうか。想像を元にした解釈などあるのですか?
浄土真宗の住職さまのお言葉ですので間違いないのでしょうが・・・。
当日の水谷氏の姿は教育者ではなくタレントであったことだけが事実です。
失礼いたしました。
Commented by e.wash-r at 2006-09-02 01:12
コメントありがとうございます。

水谷さんの件、返信が長くなり、コメント欄では受け付けてもらえませんでした。

2006.8.30 「返信」 に、当方の思いを書きました。下記URLをご覧ください。

http://pochi21.exblog.jp/5603125/

宮崎県人さま
<< 赤い花 白い花 水谷修さんのPTA全国大会講演... >>