ムササビが帰ってきた!?
b0029488_122447.jpg

夕暮れ時の境内、裏山から、微かに「ルルルルルルルル」という聞き覚えのある鳴き声が聞こえてきました。

何年も待ちわびていた声です。真っ暗な裏山を見ながら、もう一度聞こえてくるのを待ちました。どうしても、その声を確かめたかったのです。

たぶん、何十年かぶりにムササビが帰ってきたのだと思います。

30年ほど前までは、境内・裏山に、ムササビがたくさんいました。

あるものは、鐘楼の屋根裏に棲んでいました。
あるものは、銀木犀の古木のくぼみや、檜の高い枝の付け根で寝ていました。

夜の境内で、目の前を滑空するムササビをいつも見ていました。
繁殖期や木の実の時期には、やかましいほどの鳴き声を聞きました。

泊まりがけでお取り次ぎにみえたお説教師さんが、"不気味な声がする"と言って、夜中に起きていらっしゃったこともあります。

夜、訪ねていらっしゃった方が、飛び交うムササビとその鳴き声に驚いて、境内に入ることができず、来た証拠にと、山門の前に石を積んで帰られたということもありました。

そのムササビが、いつの間にかいなくなってしまいました。ムササビの声を聞かなくなって、20年以上になると思います。

つい最近、村の長老が、"しばらくムササビを見ていない"とさみしそうにおっしゃったのを聞いて、またムササビの飛ぶ村に戻らないかと、ひそかに思案していました。

そんな矢先、今日、ムササビの声を聞いたのです。たぶん間違いないと思います。懐かしくて、うれしくて、少年時代に戻った気分です。

さきほど、耳を澄ませて裏山を歩いてきました。
残念ながら、ムササビの鳴き声をきくことはできませんでした。
明日がまた楽しみです。


                    【 一年前の今日のblog





..................................................................................................................

 よ う こ そ 『 西 蔵 坊 だ よ り 』 へ

b0029488_22514638.gif『西蔵坊だより』は、 森鏡山 正蓮寺の住職の日記です。
仏教のこと、山や川や海のこと、TIBETのこと等、思いつくまま書いています。
よろしければ、TopPageより、ゆっくりご覧ください。

                    『西蔵坊だより』TopPage

by e.wash-r | 2006-09-18 01:25 | ふるさと | Comments(2)
Commented by ニイムラ at 2006-09-20 10:33 x
暗視カメラで撮影してみようか?
Commented by e.wash-r at 2006-09-21 00:07
昨日も今日も、鳴き声が聞こえません。
しばらく、気をつけています。

しっかり確認したら、是非、暗視カメラによる「ムササビ撮影大作戦」お願いいたします。

ニイムラさま
<< 9月日曜学校  校正作業  『サマースクール5... >>