ありがとうございました
b0029488_02343.jpg

叔父、95歳にて往生。

叔父のお寺の報恩講は、12月25日から28日までの4日間です。小学校3年生から大学まで、毎年冬休みの前半は、叔父のお寺に泊まって報恩講におまいりして過ごしました。

毎日、朝、昼、夜のお座があり、おまいりする度に、
「そーか、正蓮寺の新発意(しんぽち)さんがおまいりしてくれるか。」
と言っては、よろこんでくださいました。

一生懸命におだててくださっていたのだと思います。寒い夜のお座におまいりするのがイヤで、こたつでテレビを見ていたりしたこともありましたが、叱られたことはありません。ただただ、おまいりしたことをよろこんで、ほめてくださるばかりでした。

報恩講の4日間は、毎食、お斎と同じ精進料理です。口癖のように、「今日は御開山の報恩講・・・」と晩酌で上機嫌の叔父を見て、お精進でもお酒は別かな!などと思ったこともあります。


夜、こどもたちを誘ってお悔やみに行きました。
「お盆会のとき、袈裟をかけ、病院の窓から本堂の方を見て、手を合わせていたんやよ。」
そう言う叔母の話を聴きながら、生涯お坊さんだったんだなあと、当たり前のことが、とても尊く思えました。

ありがとうございましたという気持ちでいっぱいです。


                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog




..................................................................................................................

 よ う こ そ 『 西 蔵 坊 だ よ り 』 へ

b0029488_22514638.gif『西蔵坊だより』は、 森鏡山 正蓮寺の住職の日記です。
仏教のこと、山や川や海のこと、TIBETのこと等、思いつくまま書いています。
よろしければ、TopPageより、ゆっくりご覧ください。

                    『西蔵坊だより』TopPage

by e.wash-r | 2006-09-30 23:59 | おまいりにて | Comments(1)
Commented by 雨伝 at 2006-10-01 00:58 x
小川先生亡くなられたんですねぇ
龍大時代、「貫いっつぁ」なんて、教授に対して県人会などで、ひそひそ身内では呼んでいましたが、なつかしいことです。
<< バス停 Because it is t... >>