雨漏りの修繕
b0029488_20462614.jpg
庫裡の2箇所に雨漏りがあり、修繕中。
瓦屋根の谷の部分の銅板が腐食したらしく、外見は何ともないのですが、雨水が軒に染みこんでいるようです。

工事をしてくださっているのは、Tさん親子。お父さんが下調べをされ、今日から息子のRさんが作業をしてくださっています。


もう10年以上前、ボクが岐阜に帰ってきてすぐの頃、庫裡の勝手口の屋根の改築修繕をしました。その頃、ボクはまだ、住職ではなく、今と比べれば随分時間に融通が利いたので、Tさんの息子さんのSさんとふたりでその仕事をしました。

重病を患っていらっしゃるSさんと、瓦をめくって、造作をし直して、また瓦を葺くという作業。ボクは、助手です。数日かけて、勝手口の屋根を改築し、瓦を葺きなおしました。Sさんとなおした屋根の部分は、昨年の大雪が一番吹きだまったところですが、ちゃんと踏ん張っていてくれます。


もう10月も半分過ぎました。お取り越しがはじまります。
心と体もリフレッシュしておきたいところですが・・・なんとも・・・。


                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog



..................................................................................................................

 よ う こ そ 『 西 蔵 坊 だ よ り 』 へ

b0029488_22514638.gif『西蔵坊だより』は、 森鏡山 正蓮寺の住職の日記です。
仏教のこと、山や川や海のこと、TIBETのこと等、思いつくまま書いています。
よろしければ、TopPageより、ゆっくりご覧ください。

                    『西蔵坊だより』TopPage

by e.wash-r | 2006-10-14 20:48 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(2)
Commented by ucchee at 2006-10-15 19:34 x
こんにちは。
先日ある方から、「あの世とこの世をつなぐ場所は、お寺の床下だ。」
なんてことを聞きました。
実際その方は小さい頃床下を見たところ、ぼんやり蓮の葉が見えたそうです。聞いていて少し怖くなってしまったのですが、そんな話って聞いたことありますか?
Commented by e.wash-r at 2006-10-16 01:56
そう言う話は聞いたことがないように思います。ただ、見える人には見えるんでしょうね。

拙寺の場合、シロアリの被害がひどく、床下を見たら、この世のことで精一杯になってしまいそうで、そう言う意味では、覗くのコワイです。

最近、チベット関係の本をボチボチ読んでいます。憧れるんですが、チベットの人たちのようにはなれないことが、見えてきたような気がします。
信仰と野望のエベレスト街道を歩いてみたいという気持ちが盛り上がってきていて、困ったことです。

uccheeさま
<< いろいろ 化け物はいるか? -『化け物の... >>