住職がいなくなっても
b0029488_0203092.jpg

夕刻5寺から、総代会。
年末年始、報恩講の最終打合せをすませ、そのあと、忘年会。

例年、忘年会は、年末年始、報恩講の準備がすべて終わった12月30日の夜にしていました。昼間の餅つきや華立てとの時間の間が悪いこと、総代さん方のお寺以外のおつきあい等が重なること、ボクが消防団の夜警と重なること等の理由で、はじめて12月中旬の忘年会です。

今回は、役員さん方の改選の年でもあったので、新旧役員さん揃っての忘年会です。
ボクの場合、正直なところ、落ち着いてゆっくり話ができたという状況ではありませんでしたが、何がどうと言うことではなく、ホッとしました。

いつも思っていること。

例えば、今住職をしているボクが突然いなくなっても、平然と報恩講がつとまる、そんなお寺のしくみみたいなものがあって、そんな雰囲気になるといいなあ。住職がいなくてもいいという意味ではなく。

報恩講の準備をしながら、今度は総代さん方とそういう話をしたいと思います。
(脱走を考えているわけではないですよ。)


                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog



..................................................................................................................

 よ う こ そ 『 西 蔵 坊 だ よ り 』 へ

b0029488_22514638.gif『西蔵坊だより』は、 森鏡山 正蓮寺の住職の日記です。
仏教のこと、山や川や海のこと、TIBETのこと等、思いつくまま書いています。
よろしければ、TopPageより、ゆっくりご覧ください。

                    『西蔵坊だより』TopPage

by e.wash-r | 2006-12-17 23:59 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
<< クリスマスコンプレックス 2 きっと、いいことがあるよ。 >>