春の彼岸会
b0029488_8325944.jpg


彼岸会。

寒い一日でした。
報恩講と同じように、ストーブを並べての法座。

お取り次ぎは、善徳寺・藤村真樹師。
歎異抄の「聖道の慈悲、浄土の慈悲」についてのお話しでした。

苦悩しているのは、わたしであると言うこと、わたしを救うとよびかけてくださるのが如来の慈悲であると言うこと、そして救いとはと・・・。

お説教の後、お斎の時間、順番を待って本堂に残っていらっしゃったY地区の方々と雑談。
「ストーブいっぱい焚いても、本堂、寒いですねえ。」
と言うと、
「でも、ご講師の先生は、汗ふきながらのお話しでしたねえ。」
と、Tさん。

汗もお取り次ぎなんだなあと思います。

例年より、ちょっとおまいりが少なかったのは残念ですが、いいお彼岸でした。
法要当日、寝不足で、元気がなかったことが反省点。・・・年度末という季節は苦手です。





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog







..................................................................................................................

 よ う こ そ 『 西 蔵 坊 だ よ り 』 へ

b0029488_22514638.gif『西蔵坊だより』は、 森鏡山 正蓮寺の住職の日記です。
仏教のこと、山や川や海のこと、TIBETのこと等、思いつくまま書いています。
よろしければ、TopPageより、ゆっくりご覧ください。

                    『西蔵坊だより』TopPage

by e.wash-r | 2007-03-22 08:33 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
<< 大屋根の表と裏 気候学・環境地理学 -師に遇う- >>