Japan ware  -漆ー
b0029488_1513886.jpg
b0029488_15133278.jpg
b0029488_1514153.jpg


法務の合間、土間を埋め尽くしている漆器の整理。

中身を確認し、箱を並べ直しただけで挫折。

今では、とても新調できないような輪島塗りのお膳やお椀。

お斎もお荘厳のうち?


永代経には黒、報恩講には朱の本膳でお斎を出せたらいいなあ。




うるしの語源は「麗し(うるわし)」とも「潤し(うるおし)」ともいわれている。

漆器は日本を象徴する工芸品である。漆に対応する英単語は lacquer ware だが、磁器を China ware または China と呼ぶのに対応して、漆器を Japan ware または Japan と呼ぶこともある(ただし文脈がないところでただ「Japan」と言っても通じないので注意)。(Wikipediaより)






                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog





..................................................................................................................

 よ う こ そ 『 西 蔵 坊 だ よ り 』 へ

b0029488_22514638.gif『西蔵坊だより』は、 森鏡山 正蓮寺の住職の日記です。
仏教のこと、山や川や海のこと、TIBETのこと等、思いつくまま書いています。
よろしければ、TopPageより、ゆっくりご覧ください。

                    『西蔵坊だより』TopPage

by e.wash-r | 2007-05-01 15:09 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
<< 節拆(せったく) 感想文 『地獄のDECEMBER』 >>