節拆(せったく)
いわゆる暦のうえうでの連休の前半が終了しました。
とりあえずホッとして、夜更かししています。

b0029488_2315769.jpg


当寺では、ご法事で三部経さんをよむとき、節拆(せったく)を打ちます。

先先々代の住職(ボクは会ったことはありませんが)は、太鼓とか節拆(せったく)など音が出るものが好きだったそうで、以来、ボクから言うとひいおじいさんのつとめ方を、引き継いでいるというわけです。

連休で法事が続き、節拆(せったく)を打ち続けたボクのか弱い親指に、マメができました。
そのマメが潰れたので、節拆(せったく)を打つことに難儀をしています。

先輩の中に、お取り越シーズンが来ると、すね毛がすり切れてなくなってしまうという院さんがみえます。年末の風物みたいです。

親指のマメがつぶれたこと、少し自慢したい気分です。





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
by e.wash-r | 2007-05-02 02:29 | おまいりにて | Comments(0)
<< ムシカリの花 Japan ware  -漆ー >>