D寺報恩講 2007

b0029488_12327100.jpg


伊自良の大性寺さんの報恩講におまいりしました。

山門と本堂向拝に「赤い下がり藤の提灯」。
報恩講には、赤(朱)の華やかさ、賑々しい雰囲気がよく似合うと思います。

前住さんに、「赤い下がり藤の提灯」のことを尋ねると、「昔から。」という答え。

赤の反対側は黒の紋になっているそうです。それを、報恩講は赤、永代経法要は黒という風に使い分けてみえるそうです。

「特別な由来は知らないし、何か伝え聞いたしきたりがあるわけでもない。なんとなくそんな感じだ。」とおっしゃいました。

そんな感じが、ボクにはとてもイイ感じでした。


初七日法要があり、お聴聞できませんでした。日程調整の努力不足は否めません。
親鸞さまの命日ですが、とても書けないようなショーモナイことでイライラしたことも反省。





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog





..................................................................................................................

 よ う こ そ 『 西 蔵 坊 だ よ り 』 へ

b0029488_22514638.gif『西蔵坊だより』は、 森鏡山 正蓮寺の住職の日記です。
仏教のこと、山や川や海のこと、TIBETのこと等、思いつくまま書いています。
よろしければ、TopPageより、ゆっくりご覧ください。

                    『西蔵坊だより』TopPage

by e.wash-r | 2007-11-29 01:22 | おまいりにて | Comments(0)
<< おまいりに行って聞いた格言  ... 聴診  -恋心- >>