本願寺御正忌報恩講・通夜布教 -日野安晃師-
日野安晃師が本願寺の御正忌報恩講の通夜布教のお取り次ぎをされるので、法友4人で、夜中の11時頃岐阜を出て、午前2時頃から4時頃までお聴聞。朝の6時に岐阜に帰ってきました。

1月9日から一七ヶ日(いちひちかにち)のご正忌報恩講。
15日の日暮れから16日の夜明けまでは、聞法会館・総会所で、夜通しのお取り次ぎがあります。

御正忌報恩講「通夜布教」というこのお座は、14人の布教師さん方が、40分ずつ交代で徹夜のお説教をされるのです。

遠近各地から集まったお同行で、会場は満員です。入りきれない人が、通路やロビーに溢れて、モニターでお聴聞してみえます。総会所の雰囲気は、深夜の健康ランドやスーパー銭湯の大広間か、長距離フェリーの二等船室のようでした。

睡魔に負けて、畳に伏して完全に寝ている人、正座をし凛と背筋を伸ばして御講師の領解を一言も逃すまいと聞き入る人。部屋全体が雑然と朦朧としているようでもあり、何か張りつめたものがあるようでもあり、そんな独特の雰囲気の中で、お説教が響いています。

その中にいると、つくづく真宗っていいなあと思います。

b0029488_23554312.jpg総会所(そうがいじょ)

満堂
b0029488_23555645.jpgお聴聞
b0029488_23561113.jpg日野安晃師

午前3時
b0029488_2356288.jpg岐阜のお同行

真宗講座のおなじみ
b0029488_2356458.jpg午前4時

休憩時間
b0029488_033053.jpgロビー

モニターでお聴聞







                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
by e.wash-r | 2008-01-17 00:05 | おまいりにて | Comments(0)
<< 正尊寺報恩講ご満座 -浄土法事... ネズミ -今年もよろしくお願い... >>