円光寺報恩講 -ひと段落-
親鸞さまのご正忌が過ぎたので、午前中、おじょうはんの前に本堂を平素のお荘厳に整えました。ひとつの区切りです。(時間切れでまだ少し残っていますが・・・。)

午後、円光寺さんの報恩講・お逮夜法要におまいりしました。

"組内の坊守さん方と一緒にお斎の席につくように来てください"とお誘いを受けていましたが、恥ずかしいので躊躇していたところに、ふっと尊いご縁のお客さまが訪ねていらっしゃっいました。

お話の途中でしたが、法要には遅れるわけにはいかないので、中座し円光寺さんへ。

10月からずーっとつとめてきた報恩講も、あとは2月の正源寺さんのみとなりました。
ホッとしていますが、なんかちょっとさみしいような・・・。

b0029488_23223416.jpg報恩燈
b0029488_23225126.jpg報恩講用経本
b0029488_23231492.jpg法要の後






                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog





..................................................................................................................

 よ う こ そ 『 西 蔵 坊 だ よ り 』 へ

b0029488_22514638.gif『西蔵坊だより』は、 森鏡山 正蓮寺の住職の日記です。
仏教のこと、山や川や海のこと、TIBETのこと等、思いつくまま書いています。
よろしければ、TopPageより、ゆっくりご覧ください。

                    『西蔵坊だより』TopPage

by e.wash-r | 2008-01-18 00:04 | おまいりにて | Comments(4)
Commented by renge at 2008-01-18 09:34 x
何かをなし終えた後と言うのは、その満足感・安堵感と共に、終わってしまったと言う寂しい感じが去来いたしますね。

私、太極拳の稽古帰りに急に思い立ちある場所を訪ねてみました
地名だけが頼りでしたが、遠回りしつつも周りと違うその建物を目印に辿り着くことが出来ました。

ひと回り拝見した後、勇気を出し中に声をかけましたが応答がありません。突然の訪問もご迷惑かと車に戻りましたが、もう一度お訪ねしてみました
すると奥からご当主が飛んで来て、初めて会う私を温かく迎えてくださりお話をする機会を戴きました。
途中奥様がお茶を出してくださり、一緒にお話をすることも出来ました。

一見、自らが思い立ったことで得ることが出来た「出会い」と思いがちですが、そのように自分を突き動かしてくれた「大きなもの」を感じずにはいられません。
これが『ご縁』なのかと深く感謝しております。

太極拳で『謝天謝地』、自分を取り巻く全てのものに感謝と言う大好きな言葉があります。

突然ではありますが、あまりにも嬉しい出来事でしたので書き込みさせて戴きました。   
ありがとうございました。        合掌
Commented by e.wash-r at 2008-01-19 00:33
他力念仏に帰依された熊本の木村無相師は、「ご縁ご縁みなご縁こまったこともみなご縁」とのべられています。「大きなもの」は他力なんでしょうね。

「太極拳」をしていらっしゃるようですが、ひょっとして先生は、Mさんですか?


rengeさま
Commented by renge at 2008-01-20 00:25 x
はい、2つの教室に行っていますが、M先生とN先生にご指導戴いています。皆さんと一緒に練習すると元気を貰えます(^^)。
Commented by e.wash-r at 2008-01-20 00:34
すいません。M先生は、ひょっとして、M○Z○○○○○先生?

もし、M○Z○○○○○先生でしたら、よろしくお伝え下さい。当方とは、山小屋仲間です。


rengeさま
<< 窓のある風景 -「ユンブ・ラカ... 正尊寺報恩講ご満座 -浄土法事... >>