不用布裁断作業の会所
b0029488_14171570.jpg


黒野組の月例行事である不用布の裁断作業の会所をお受けしました。(9人参加)

組内寺院の主に坊守さん方が作業にいらっしゃるので、掃除やお荘厳になんとなく気合いが入りました。本末転倒ですが、それもよしとしましょう。

黒野組では、不用になった綿布を適度な大きさに裁断してティッシュの代用品を作り、福祉施設に届けるという活動を数年来続けています。ただ、そのようなものはもう使用しないという施設も増えてきたそうですが。


作業をしながら世間話をするということも、この作業の大切な役割なので、ボクとしては、当寺の情報をできるだけお伝えしようと、ひそかにチャンスをねらっていました。

坊守さん方の話題が、お荘厳やお斎のことになったので、待ってましたとばかりに、あれやこれやとお寺をよくするのに有効と思われる情報やノウハウを一生懸命お伝えしました。

「お華束をつくらなくなった。」というお寺の坊守さんが多かったので、「5年10年かけて、お華束を復活させましょう。みんなで手間をかけて報恩講をおつとめしたいですよね。それしかできないんですから・・・。」と、ちょっとカッコイイことを言ってみました。

反応がなかったのがちょっとショックでした。なんとなく納得いかない展開に、"5年10年の1年目と思えばいいか"などと、自己満足とも負け惜しみとも言える言い訳を考えながら、不用布の裁断作業を終えました。


非常に不完全燃焼の1日。
どっと疲れて寝てしまったので、UPが遅れました。





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog





..................................................................................................................

 よ う こ そ 『 西 蔵 坊 だ よ り 』 へ

b0029488_22514638.gif『西蔵坊だより』は、 森鏡山 正蓮寺の住職の日記です。
仏教のこと、山や川や海のこと、TIBETのこと等、思いつくまま書いています。
よろしければ、TopPageより、ゆっくりご覧ください。

                    『西蔵坊だより』TopPage

by e.wash-r | 2008-01-25 01:15 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(2)
Commented by renge at 2008-01-28 08:39 x
「お華束作り」なるものを過日こちらのブログにて、型抜き作業や色塗りが楽しそう♪と拝見しました。
手間が掛かって大変なのでしょうが、みなさんで楽しいお喋りなどしながら作れたらいいですねぇ(^^)
Commented by e.wash-r at 2008-01-29 00:49
何でも、楽しんでする、よろこんでするということができたらと思いますが・・・。

単に伝統を守るという意味では、責任感みたいなものがついて回るので、バランスが難しいと思っています。

遅々たる歩みですが、お華束伝承(復活)プロジェクトは個人的に細々と継続の予定です。


rengeさま
<< 正座でプロレス 義理まいり? >>